硬水と軟水について

水は大きく分けると硬水と軟水という種類に分けることが出来ます。

この二つを分ける基準には、水1リットルの中に含まれているカルシウムの量と、マグネシウムの量が、どの程度含まれているのかというものがあります。

http://www.londonedinburgh.co.uk/

この量を表す単位が硬度といって、硬度が高いものが硬水、硬度が低いものが軟水と呼ばれています。日本の基準では硬度が100mg/L未満もものが軟水、それ以上のものが硬水とされていますが、実は世界保健機構では120mg/L未満は軟水と言われています。

日本で採取される地下水などは、基本的に硬度100mg/L未満の軟水です。
Continue reading