硬水と軟水について

水は大きく分けると硬水と軟水という種類に分けることが出来ます。

この二つを分ける基準には、水1リットルの中に含まれているカルシウムの量と、マグネシウムの量が、どの程度含まれているのかというものがあります。

http://www.londonedinburgh.co.uk/

この量を表す単位が硬度といって、硬度が高いものが硬水、硬度が低いものが軟水と呼ばれています。日本の基準では硬度が100mg/L未満もものが軟水、それ以上のものが硬水とされていますが、実は世界保健機構では120mg/L未満は軟水と言われています。

日本で採取される地下水などは、基本的に硬度100mg/L未満の軟水です。

これは、高い山脈が少なく、雨として降った水が地下水として蓄えられる間に、山などのミネラル分を吸収する量が少ないからなんです。一方。高い山脈を多く持つヨーロッパなどでは、硬水が多くみられます。

軟水はどちらかというとさっぱりとしていて、飲みやすいという特徴があります。石鹸などを使った場合には非常に泡立ちが良くなります。

だしなど繊細な味わいが必要な和食には、軟水があいます。一方硬水は洋食などの調理には向いていて、肉料理などでアクを出すといった効果はとても強く出ます。

しっかりとした飲みごたえがありますが、硬度が高いために石鹸などの泡立ちが悪く、シャワーなど目詰まりを起こしやすいといった特徴もあります。